市川エリアの大規模修繕工事・改修工事はアービック建設へ

「手すり改修工事」の一覧

こちらのマンションは理事長様の強力なリーダーシップの元で、マンション運営の様々な施策がなされておりました。今回の工事中も、常に現場に出てくださり指示やアドバイスを頂きました。おかげ様で無事完工となり、改めてマンション大規模修繕工事というのは、お客様と我々業者並びに職人さんが一丸となって作り上げていくものだと実感しました。<br /> <br />
市川市行徳という土地柄は1970年代に東西線が開通したことにより、工業地区からベッドタウンとして開発が進められ多くのマンションが建設されてきました。こちらのマンションも同時期に建設されたマンションですが、半世紀近くもマンションが維持され今後も数十年に亘って住人様が住み続けれられることを考えると我々が行っている修繕工事の重要性や責任を感じております。
分譲マンションの共用部分の回収工事に適用される市川市のあんしん住宅助成制度を利用して手摺を設置しました。こちらのマンションではエントランスには新築時からスロープがすでに築造されてあり問題ないのですが駐車場からの出入り口部分の段差がきつくスロープを設置したいとの要望でございました。また市川市ではこういったスロープ工事などのバリフリー工事に注力しており、分譲マンションの管理組合様向けにあんしん住宅助成制度がございます。この制度はバリアフリーや省エネ対策工事などの一定の条件の工事に対して助成金が付与されるという制度です。ご興味ございましたらご利用しては如何でしょうか。
この度は、マンションにおける転落事故防止対策の取り組みのご紹介をいたします。<br /> お客様から、マンションの屋上に子供が行き来しているというご相談がございました。<br /> どうやら廊下や階段のアルミ手摺を乗り越えて行き来しているようだとのこと。<br /> さっそく現地の確認に訪問させて頂きました。
屋上手摺の取り換え工事です。是非、ご覧ください。

Copyright© アービック建設 , 2019 All Rights Reserved.