市川エリアの大規模修繕工事・改修工事はアービック建設へ

「その他」の一覧

建物の設計上ひさしが無く、雨天には雨が吹き込んでしまっていたマンションの廊下部分にひさしを追加して設置しました。耐風圧も考慮し通常より頑強に制作しております。
分譲マンションの共用部分の回収工事に適用される市川市のあんしん住宅助成制度を利用して手摺を設置しました。こちらのマンションではエントランスには新築時からスロープがすでに築造されてあり問題ないのですが駐車場からの出入り口部分の段差がきつくスロープを設置したいとの要望でございました。また市川市ではこういったスロープ工事などのバリフリー工事に注力しており、分譲マンションの管理組合様向けにあんしん住宅助成制度がございます。この制度はバリアフリーや省エネ対策工事などの一定の条件の工事に対して助成金が付与されるという制度です。ご興味ございましたらご利用しては如何でしょうか。
きっかけは、お住まいの方からの雨漏れのご連絡でした。まずはじめに思ったのが『これは簡単に修理すること難しい』ということです。と申しますのはこの現場のようなコロニアル屋根の場合、塗装等のメンテナンスを怠ると屋根材が割れてしまったり、屋根材の下の防水シートが破れてしまうことがございます。<br /> 一度雨漏れが起こってしまうと見た目では、どこから雨が浸入しているのか特定することは難しくなってしまいます。<br /> 今回は建物の所有者様とご相談の上、屋根全体に新しい屋根を被せて施工するカバー工法を実施することになりました。

Copyright© アービック建設 , 2019 All Rights Reserved.