市川エリアの大規模修繕工事・改修工事はアービック建設へ

施工事例

工場のスレート屋根改修の施工事例です。猛威をふるった2019年台風15号により剥がれたり穴が開いてしまった工場屋根を改修しました。 屋根を見させていただいた際には、屋根の棟(むね)と呼ばれるてっぺんは剥がれてしまっており、またその破片により他部分にも穴が開いておりました。大きい穴はなんと畳1畳分ほども! 今回は改修する工場が稼働中ということもあり、建物の所有者様とご相談の上、屋根全体に新しい屋根を被せて施工するカバー工法を実施することになりました。カバー工法は工期を短縮することが可能です。また、既存の屋根を撤去しない為、スレートの撤去費用がかかりません。屋根の素材は、今後の台風や天災も考慮し、錆にくく穴が開きにくい金属屋根で改修することになりました。
ビルの屋上を防水工事していきます。写真ではわかりづらいかもしれませんが、施工前はひび割れがところどころにあります。コンクリートは日光の紫外線にさらされるとどうしても乾燥してしまい、そこからひび割れが始まり、本来の防水機能が損なわれてしまいます。施工後では、しっかりとシートが貼られているのがわかります。雨漏りになってしまってからでは大変なので、建物を守るためにも10年~15年に1度はメンテナンスをしましょう。
マンション排水管の修繕工事です。地盤沈下、地震等の外力により、コンクリート造マンションの床下で排水管支持金具が破損・・・。排水管が湾曲してしまい、勾配(傾斜)が一部、逆勾配に。 更に地中で排水管の一部が折れてしまいました。
マンションの集合ポストの交換の施工事例です。使用頻度や取扱いにもよりますが、こういったものは経年劣化で故障して使用不能になることはありません。しかし新しいものは見た目も綺麗で使い勝手もよくとても良いものです。
こちらのマンションは理事長様の強力なリーダーシップの元で、マンション運営の様々な施策がなされておりました。今回の工事中も、常に現場に出てくださり指示やアドバイスを頂きました。おかげ様で無事完工となり、改めてマンション大規模修繕工事というのは、お客様と我々業者並びに職人さんが一丸となって作り上げていくものだと実感しました。

更新日:

Copyright© アービック建設 , 2020 All Rights Reserved.